組合の事業





厚木愛甲環境施設組合(FAQ)

組合関連

Q.厚木愛甲環境施設組合は、どんな仕事をしているところですか?


A.一般廃棄物(ごみ)の共同処理開始に向け設置された厚木愛甲環境施設組合は、設置後14年目を迎え、緑多い豊かな自然環境を次世代に引き継げるよう、環境に配慮した一般廃棄物処理施設の整備に向け事業を行っております。なお、これらの事業執行に当たっては、住民に愛され地域に開かれた施設を目指し、情報提供の更なる充実を図り、事業の透明性を確保するとともに、地域住民の方に安心感を与えることができる施設整備に努めてまいります。

 

Q.どのように厚木市・愛川町・清川村で負担の割合を決めているのですか?


A.前々年度のごみ量割合で、各構成市町村の負担金額を決定しております。

 

Q.職員の採用はありますか?


A.厚木愛甲環境施設組合では、職員は全て構成市町村から派遣されておりますので、直接の採用は行っておりません。


施設関連

Q.施設はどこに建設されるのですか?

A.厚木市に中間処理施設を建設いたします。

   建設予定地はこちら

 


Q.いつ施設は完成するのですか?

A.中間処理施設は平成37年度を稼働目標としています。


Q.環境アセスメントとは何ですか?

A.ごみ中間処理施設整備事業のような一定規模以上の開発事業を行う場合には、周辺環境にどのような影響を及ぼすかを事前に調査、予測及び評価し、その結果を地域住民等に明らかにするなどの手続を経て、事業計画を環境保全上の見地からより良いものとしていこうとする制度です。

    環境アセスメント(神奈川県ホームページ)